IT化が進む医療現場

看護師として医療現場で働いていくための基本的なスキルとして必要とされているのは、医学知識と看護スキルだけではありません。確かに看護師としての実務をこなすためにはこの二つが重要であり、必要とされている状況に違いがないのは事実です。しかし、それに加えてパソコンスキルの必要性も高まっていることを知っておくと良いでしょう。

パソコン自体にあまり興味を持っておらず、大学や短大、専門学校などで必要を感じて少しだけ使えるようになったという人も少なくありません。その際に意外に苦労するのが現場の仕事であり、就職して間もなくの頃に残業が増えてしまう原因になる場合もあります。
基本的に書類作成は手書きではなく電子化を求められることが増えてきているのが現状です。また、定期的に勉強会が行われる現場が多く、その際のプレゼンテーションの作成にもパソコンが必要になります。

勤務中にパソコンの操作を行って医療システムにアクセスする必要も生じますが、そういった場合はユーザー志向で作られているシステムが多いため慣れるのにはそれほど時間がかからないでしょう。ただ、書類をまとめたり等のちょっとした作業では、パソコンのスキルが必要になってきます。文書やプレゼンテーション作成の豆知識を少し持っていたり、経験が十分にあったりするだけで手際よく仕事がこなせます。
今後、どんどん電子化が進んでいくことが予想されます。戸惑わないためにも、まだ余裕のある看護学生のうちからパソコンに触れておくといいでしょう。