知っておきたい!海外における看護師事情

臨床現場で働くにあたって、しっかり活躍したいという覚悟を持った看護師は多くいるでしょう。しかし、看護師は基本的には医師の指示がなければ医療行為を行うことはできず、患者の治療を行うという点では活躍が難しいのが日本の現状です。

そのため、看護の枠内で活躍できる可能性を開拓していくことが重要となっています。ただし、あくまでこれは国内の状況であるということは理解しておく必要があります。海外での看護師の仕事の幅について知ると、将来的な展望について考え方が変わる可能性があります。

海外では看護師の業務範囲が拡大される傾向が強まってきているのが現状です。医師の指示がなくても医療行為を行えるのが通常になっていたり、ナースプラクティショナーのような上位の資格を取得することで、医療行為が可能になる国が増えてきています。
医師の指示がないということは自分で判断しなければならないということであり、それだけ責任も重くなります。しかし、より患者に対して貢献して活躍していきたい看護師にとってはやりがいのある仕事になります。活躍を求める人にとっては良い環境であり、「海外で看護師として働く」という選択肢を考えてみるのも良いでしょう。

ただ、近年では国内でも看護師の医療行為を認める「特定看護師」の制度を作って仕事範囲を拡大する動きが出てきています。そういった動向を踏まえた上で進む道を吟味すれば、より活躍の幅を広げることができるでしょう。