介護現場での看護師の立場について

看護師として働く領域として、一般的に「医療」と「介護」の二つが掲げられます。どちらで働いても、看護という大枠の中で専門家として仕事を担っていくことになります。ただ、介護業界で働いても基本は医療の専門家として仕事をすることになるという理解は必要です。

介護福祉士やホームヘルパーのように介護の仕事の専門家が現場にいるのが介護業界であり、本来やるべき仕事の住み分けが大切になるでしょう。看護師はバイタルチェックや採血、検尿などの仕事がメインであり、その担い手となるのが基本なのです。

病院とは違った環境で転職したいと思って介護の世界に飛び込むにしても、看護師である以上このようなメディカルチェックを行うのは同じであることは理解しておいた方がいいでしょう。

ただし、現場によっては介護の仕事も担うように促される場合もあります。どちらを望む場合でも職場選びが重要になり、仕事内容について納得して職場を決めて転職することが大切です。

仕事内容は現場次第ですが、実際に介護の仕事だけを担うということはまずありません。現場によって仕事の内容に違いがあるのは事実ですが、看護師は医療従事者であるという自覚を持つことが大切です。そのため、看護師として活躍し続けるなら、病院等で基本的なメディカルチェックの技術を習得しておくことが重要になります。看護師としての基本を学んでおくことが、介護現場で活躍する大切な鍵になるのです。